Studio ftn Score Editor 9
取り扱い説明書 (2018-06-23 更新)
Studio ftn Score Editor は、音楽記号を五線上に貼り付けていく事で、 紙とペンで楽譜を作成しているかのような感覚で楽譜を作成する事ができる楽譜方式によるシーケンサです。

この説明書はフリー版とPro 版の共通マニュアルとなっています。 マークは Pro 版のみで使用できる機能、 マークはフリー版のみで使用できる機能、 マークが無い場合は両方で使用できる機能となっています。

Score Editor 側の機能は対応済ですが、説明書の作成が追いつかない状況です。

対応OS:Windows 10/8/8.1/7/Vista/XP

はじめにお読みください
初心者マニュアル
ファイル保存と印刷
環境設定
バックアップ
楽譜編集に関連する機能
音源や楽器に関連する機能
その他メイン画面全般の機能
音楽ツールに関連する機能
AUDIOモードの機能
AUDIOエフェクトの機能
AUDIO楽器の機能
サウンドエディタの機能
サウンドフレームの機能
外部リンク集
右クリックメニュー(楽譜編集)
    編集
    楽譜上に書かれた複数の記号を範囲選択して、それらの記号をコピーしたり削除したい場合に使用します。

    演奏
    楽譜を演奏します。曲の途中や曲の初めから演奏を始めます。または演奏を停止します。

    パートメニュー

    パートの追加、コピー、削除、などの操作を行います。

    小節メニュー
    小節の追加、コピー、削除、小節幅の変更、改ページ、ページの結合、などの操作を行います。

    ページメニュー
    ページの追加、コピー、削除、などの操作を行います。
右クリックメニュー(指揮者関連)
    テンポ
    テンポを選択します。速度標語やリステッソテンポもここで選択します。 その他、自由なテンポも入力が可能です。

    コードネーム
    コードネームやストローク用の音符を選択します。コードネームを選択する時は専用の画面が開きます。

右クリックメニュー(パート関連)
    音部記号
    ト音記号やヘ音記号等の、音部記号を選択します。

    調号
    調号を選択します。パート全体の音程を微調整するのに使用します。

    拍子
    拍子を選択します。Pro 版では、変拍子や特殊な拍子も入力が可能です。

    オクターブ
    オクターブ記号を選択します。coll'オクターブなどのオクターブユニゾン記号もここで選択します。

右クリックメニュー(休符)
    休符
    休符を選択します。形状の違いは、どれだけ休むかの時間を示しています。

    連休符
    連休符を選択します。基準となる休符を指定の分割数で割った長さだけ休みます。

右クリックメニュー(音符関連)
    臨時記号
    特定の音程のみを微調整するために使用します。調号説明も参考にしてください。

    音符
    音符を選択します。玉の色と旗の種類は音符の演奏時間を示しています。 バツ印の音符もここから選択する事が出来ます。

    連符(黒玉)
    連符を選択します。基準となる音符を指定の分割数で割った長さで演奏します。

    連符(バツ印)
    連符を選択します。音符の玉の部分の見た目がバツ印になった音符です。

    タイ
    タイ、スラーを選択します。

右クリックメニュー(演奏表現)
    装飾記号
    アクセントやスタッカート、トリル、アルペジオ、前打音、などの装飾記号を選択します。 フェルマータやペダル記号もここで選択します。

    シンボルとドラム装飾
    シンボルやドラム用の装飾記号を選択します。 ドラムパートでは、シンバルを鳴らすためのアクセントや、オープン、クローズ、を指示する事が出来るようになります。

    強弱記号
    ppp、fff、mp、mf、などの強弱記号を選択します。

    クレッシェンド
    クレッシェンド、フェードアウト、MIDI制御記号などを選択します。

    奏法
    legato、stacc.、mute、などの奏法記号を選択します。

    テキスト
    発想記号、arco、pizz.、メモ、などを選択します。 その他、楽器を切り替えるための main、sub、等の Score Editor 専用の記号もここで選択します。

右クリックメニュー(繰り返し)
    繰り返し記号
    DC、DS、セーニョ、コーダ、フィーネ、などの繰り返し記号を選択します。2x 記号もここで選択します。

    番号括弧(ボルタ)
    1番括弧、2番括弧、などを選択します。bis、ter、qua、記号もここで選択します。

    小節線メニュー
    小節線形状を変更する時に使用します。 終止線、縦複線、反復線、などが選択できます。

このマニュアルの無断転載および修正を加える事を禁止します。 Studio ftn
http://studio-arts.bglb.jp/studio-ftn/
Copyright (C) Studio ftn All Rights Reserved.